しみを自分で治せそうにない場合や短期間で早く消したい場合は、皮膚科に相談された方がいいでしょう。 皮膚科(最近では、にきびやシミ、シワの除去など、アンチエイジングに力を入れているクリニックも増えていますね)に行けば、しみを高確率で消すことができます。 皮膚科のしみ対策は、以下の通りです。 ・レーザー治療 ・ピーリング ・ビタミンCイオン導入 ・薬 シミを早く消したい場合に有効なのが、レーザー治療です。 ただ、健康保険適用外ですので、費用負担が大きくなるというデメリットもあります。 ピーリングとは、薬品を使用して古い皮膚を剥がし、強制的にターンオーバーを促進させる方法なのです。 家庭でもできますが、皮膚科で行う方が効果があり、安全に行えます。 ビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)イオン導入は、肌にビタミンCを浸透させて、しみを解消するというものになります。 加えて、塗り薬(塗布する範囲や使用感などによっても、適した剤型が違ってきます)やのみぐすりを使用したしみ対策ってあると思います。 塗り薬は効果があっただからといって、飲み薬はあくまでもサポート作用しかないと思って下さい。 皮膚科では、こういう対策を行っているので、自分に合ったものを医師と相談して選択しましょう。 また、皮膚科(最近では、にきびやシミ、シワの除去など、アンチエイジングに力を入れているクリニックも増えていますね)によっても、行っているしみ対策に多少違いがありますー